35歳で会社員から教員に転職した酔いどれパパの備忘録

会社員から教員になるまでの苦労話、日々の現場で考えること、教員志望者に役立つ話、等。

iPhone6とiPhone6 Plus どちらにすればいいのか?

 酔いどれパパです。

 さて、ついに発表されましたねー!新モデルのiPhoneですが、やはり予想していた通り2種類のサイズで発売されるようです。 ところで、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」だと、見た目の違いは何と言っても画面の大きさだと思うのですが、見た目以外の基本性能も微妙に違いがあるらしく、一体どちらを選べばいいのか悩むところです。そもそも、iPhone5Sから変える必要はないという選択肢も忘れてはなりません。 ということで、ネットに転がっている両者の情報を少しばかり集めてみました。

f:id:yoidorepapa:20140910215719j:plain

iPhone6とiPhone6 Plusの違い

 言うまでもないですが、一番の大きな違いは画面の大きさですね。

  • iPhone 6: 1334×750ピクセル(サイズ 138.1×67.0×6.9mm)
  • iPhone 6 Plus: 1920×1080ピクセル(サイズ 158.1×77.8×7.1mm)

 次に、こんな違いもあります。

 【連続通話時間】
 手ぶれ補正】
 ランドスケープモードの強化】

いったところでしょうか。

iPhone6とiPhone6 Plusに共通してバージョンアップした機能

  • ワンハンドモード 「Apple A8」チップを搭載。
  • モーション・コプロセッサー「M8」を搭載し、「Health app」でアクティビティのトラックが可能。
  • VoiceOverLTE,Wi-Ficalling,802.11acWi-Fiにも対応。
  • NFC対応、アップルの決済システムApple Pay(米国にて10月以降に運用開始)に利用される。
  • 32GBモデルが廃止され、128GBモデルが新登場。

価格

  • iPhone 6 16GB:69,800円 64GB:79,800円 128GB:89,800円
  • iPhone 6 Plus 16GB:79,800円 64GB:89,800円 128GB:99,800円

スケジュール

  • 9月12日(金)から予約注文を開始。 9月19日(金)午前8時から発売。

まとめ

 最終的には何を重視するかで人それぞれ選択肢が変わってくるので用途にあったものを選べはいいのかなと思います。例えば、電子書籍として主に使用するのであれば、大画面に越したことはないです。しかし、iPad miniを持っているのであれば、わざわざiPhoneを大画面にしてまで持ち運びする必要はないわけですし。 また、今までiPhoneをズボンのポケットに入れて持ち歩いていた人なら「iPhone 6」ですし、カバンに入れて持ち歩いていた人で、高機能も追求したいのであれば「iPhone 6 Plus」という感じで。 私、個人的としては4.7インチの「iPhone 6」一択です。スペックに違いがあるものの、機能重視というより今の所は使い勝手重視です。ん、待てよ。使い勝手重視なのであれば、今使っているiPhone5Sがベストではないか?!買い替える必要はないではないか?!そもそも、このブログはムダをなくしてお金を貯めるのではないのか?(笑) ということで、ここまで煽っておきながら恐縮ですが、これからもiPhone5Sを愛用していきたいと思います。

広告を非表示にする