35歳で会社員から教員に転職した酔いどれパパの備忘録

会社員から教員になるまでの苦労話、日々の現場で考えること、教員志望者に役立つ話、等。

iPad miniがiPhoneの子機になる「iPhone Cellular Calls」

昨日、台風で一日中家に居たときに一件の電話がiPhoneにかかってきました。すると、そばに置いていたiPad miniWi-fiモデル)からも着信音がなったのです。

まぁ、この状況は別に不思議な事態ではなくて、それはFaceTime着信するとAppleIDに紐づけされた両方のデバイスから着信音が鳴るのはごくごく普通のことなのですが、この時はFaceTime着信ではなく通常の電話着信関わらず、iPadminiからも着信音がなったんですね。

 

調べてみるとiOS8の新機能「iPhone Cellular Calls」だった。

iPhone Cellular Calls」とは、iPhoneに着信があったとき、同じWi-Fiネットワークに接続され、かつ共通のiCloudアカウントが登録されているiOSデバイスがあると、どの端末を利用しても着信応答ができるという機能です。

なので、自宅に居る家族に電話がかかってきた相手のことを知られるといったことはなさそうですね(笑)

 

iPhone Cellular Calls」の設定方法

iPhone Cellular Calls」の設定はiPhoneの【設定】→【FaceTime】でオン。

子機のiOSデバイスで着信を受けたい場合、【iPhoneでの通話をオンにする。

 f:id:yoidorepapa:20141014174001j:plain

まとめ

家の中に古いiPhoneiPadが有り余っているアップル信者の方はもちろんですが、買い替えて使っていないiPhoneを手放さずに持っている方にとっては、とても便利に活用できる機能ですね。

 

そういう私はというと、同時に(多少のラグはあるものの)iPhoneiPadから着信音が鳴るとうろたえてしまうので「iPhone Cellular Calls」の機能はオフにしてはいますが(笑)

広告を非表示にする