35歳で会社員から教員に転職した酔いどれパパの備忘録

会社員から教員になるまでの苦労話、日々の現場で考えること、教員志望者に役立つ話、等。

Safariが起動しなくなった時の対処法

実はここ数ヶ月、Safariが起動しないというトラブルをずっと抱えていまして、OSをMavericksからYosemiteクリーンインストールしたのも関わらずSafariがすぐに落ちて使い物にならない状態でした。

 

f:id:yoidorepapa:20141204110301j:plain

トラブル解決に向けてやったこと

私はChromeを使っているのでSafariが使えなくても特に問題はないのですが、時々iPhoneとの連携を活用することもあるので、なんとか解決しようと重い腰をあげることにしました。
  • mac再起動
  • Safariのキャッシュ削除
  • Safariのクッキー削除
  • Safariのリセット
  • アクセス権の修復
とりあえずネットに転がっている対処法を片っ端から試みるも相変わらずクラッシュレポートがでます。
 

初期設定ファイルに問題あり!?

一旦ログアウトして、ゲストユーザーとしてログインしてみるとSafariは立ち上がったので、これはユーザーの初期設定ファイルに何らかのエラーが生じていると確信しました。

 
そこで、やったことは
  1. ~/Library/Preferences/com.apple.Safari.plist をゴミ場へ。
  2. ~/Library/Caches/com.apple.Safari をフォルダごとゴミ箱へ。
  3. ~/Library/Safari をデスクトップに移動する。
  4. アプリケーションからSafariをクリックする。
すると、今まで悩んだいたのが嘘のようにSafariが当たり前のように起動しました。