35歳で会社員から教員に転職した酔いどれパパの備忘録

会社員から教員になるまでの苦労話、日々の現場で考えること、教員志望者に役立つ話、等。

天津飯セット ~ランチパスポートその6

今日は、ランチパスポート神戸三宮版の第7弾レポートです。場所は、地下鉄県庁前駅西へ徒歩1分のところにある、中華食堂萬龍です。f:id:yoidorepapa:20141027154445j:plain前から気にはなっていたのですが、長崎ちゃんぽんの専門店で、皿うどんがお薦めらしいですが、天津飯も有名です。

 

店内の様子

店内は中央に10人掛けの大きなテーブルが1卓、4人掛けのテーブルが4つに、2人掛けが1つあります。12時前にお店に入ってオーダーを済ませると、ドドっとサラリーマンの方々もなだれこんできました。やはり人気店のようですね。

 

天津飯セット

しばらくして出てきたのがコレ。琥珀色をしたやや甘めの餡には、ネギ、エビなどが混在していました。f:id:yoidorepapa:20141027154432j:plain単品で頼むと650円ですが、セットにはウーロン茶がついて880円のところランチパスポートで500円に。まぁセットって銘打つくらいなら、ドリンクはいらないから何かもう1~2品をつけてバランスの取れたセットにして欲しかったなぁなどと思ったりもするのですが・・・。

 

まとめ

『ランチパスポート神戸三宮2014年版』による収支ですが、前回までの△2,510円+(880円-500円)=△2,890円となりました。本の価格994円はでしたので、差し引き1,896円得した計算になります。

しかしですね、このランチパスポートを使っていて最近気になったことなのですが、ランチパスポート用に急きょ企画したメニューであったり、原価率の高い採算のとりやすいドリンクをつけて支払金額を一旦髙くしておいてから500円にすることでお買い得感を出しているようなお店もチラホラ見受けられるような気がしなくもありません(笑)

広告を非表示にする